JPWiMAXとBroadWiMAXの比較ポイント

BroadWiMAXは常に多くの比較サイトで1番人気に推されている老舗WiMAX2+プロバイダです。

それに対してJPWiMAXは最近出始めた新しいプロバイダ。

名前はよく似ていますが、HUAWEIの最新ルーターW06の申込みはJPWiMAXとBroadWiMAXでどちらがおすすめでしょうか。迷っている方に比較ポイントをお伝えします。



BroadWiMAXの料金プラン

BroadWiMAXは月額割引のキャンペーンしかありません。

BroadWiMAX月額
利用開始月日割(2,726円)
1~2ヶ月2,726円
3~24ヶ月3,411円
25~36ヶ月4,011円
37ヶ月(契約更新月)4,011円
合計最大135,363円

JPWiMAXの料金プラン

JPWiMAXのプランはキャッシュバックと月額割引の両方を組み合わせています。

料金プラン月額
利用開始月(1ヶ月目)日割(最大2,800円)
2~3ヶ月目2,800円
4~24ヶ月目3,500円
25~36ヶ月目4,100円
37ヶ月目(契約更新月)4,100円
 最大135,200円
キャッシュバック-16,000円
合計119,200円

比較ポイント

初期費用

初期費用は契約事務手数料に加えオプション費用もかかることがあります。

BroadWiMAX

契約事務手数料は3,000円。

申込時に強制的に入らなければいけないオプションがあります。

そのうちの一つ(安心サポートプラス)は無料期間がないので、契約後すぐに外しても必ず1ヶ月分の費用(550円)が取られます。

さらに、WEBサイトからの申込とクレジットカードによる支払い指定をしなければ18,857円の初期費用が加算されます。

JPWiMAX

契約事務手数料は3,000円。

契約時に加入しないといけないオプションはありません。

JPWiMAXのほうがオプションを付ける必要もなく初期費用がかかりません。

契約期間

契約期間はBroadWiMAXもJPWiMAXも3年ですが、JPWiMAXのほうが1ヶ月早く終了します。

その理由は利用開始月を1ヶ月目と数えているから。

BroadWiMAXは利用開始月の翌月を1ヶ月目と数えます。

JPWiMAXのほうが1ヶ月早く契約が終了するため、月額料の支払いも1ヶ月分少なくなります。

キャッシュバック受取前のトータルコスト

キャッシュバックは受け取りを忘れることもあるので、このコストは比較的重要です。

BroadWiMAXは135,363円、JPWiMAXは135,200円です。

JPWiMAXのほうがキャッシュバック受け取り前でもBroadWiMAXより安くなります。

キャッシュバックの受け取りやすさ

キャッシュバックの受け取りやすさがもらい忘れを防いでくれます。

BroadWiMAXはキャッシュバックがないので、ここではJPWiMAXのキャッシュバックを説明します。

JPWiMAX

キャッシュバックはアマゾンギフト券です。受け取りは2回。

申し込んだら返信される申込み完了メールに「ギフト券申請URL」が記載されています。数日後に端末が届きますが、端末と同梱されている契約書面に「契約ID」が記載されているので、そのIDを「ギフト券申請URL」に入力します。

すると、すぐに1万円分のアマゾンギフト券が発行されます。

2回目は1年継続利用後の月に、契約時に登録したメールアドレス宛てに申請URLの再度利用の案内メールが届くので、1回目に使った申請URLで再度申請します。

申請の翌営業日に2回目のキャッシュバックが発行されます。

キャシュバックの有効期限は契約満了時までです。

JPWiMAXは受け取りやすさ、有効期限の長さ、受け取れる速さでほかのプロバイダと比べて一歩先を行っています。
契約時に登録するメールアドレスを普段使うアドレスに指定しておけば、1年後に届く案内メールを見落とす心配もありません。

キャッシュバック受取後のコスト

キャッシュバックを無事に受け取ることができれば、どちらが安くなるでしょうか。

BroadWiMAXは変わらず135,363円、JPWiMAXは119,200円です。

JPWiMAXはキャッシュバックが受け取りやすいので、受け取った後のコスト差額は16,000円以上になります。

月額料金

BroadWiMAXのキャッシュバックは最初のキャンペーン金額が2,726円、その後の2年間が3,411円、最後の1年が4,011円です。

JPWiMAXは最初のキャンペーン金額2,800円、その後の2年間が3,500円、最後の1年が4,100円です。

BroadWiMAXのほうが月額料はわずかに安くなります。

まとめ

BroadWiMAXとJPWiMAXの比較はいかがだったでしょうか。

比較するポイントの何を重視するかで選ぶプロバイダが変わってきます。

キャッシュバックのもらい忘れが心配ならBroadWiMAXとなります。

総額コストで選ぶならJPWiMAXです。

まとめると、JPWiMAXはBroadWiMAXと比較して以下のような特徴があります。

JPWiMAXのメリット
  • 開始月から更新月までの月数が短いので月額料の支払いが1ヶ月少ない
  • キャッシュバックの受取りが簡単なのでもらい忘れるリスクが極めて低い
  • キャッシュバックの受取り有効期間が契約満期までと非常に長い
  • たとえキャッシュバックをもらい損ねてもBroadWiMAXより安い
  • キャッシュバックを受け取ったらさらに安くなる

そのため、BroadWiMAXかJPWiMAXかの選択ならJPWiMAXをおすすめします。

JPWiMAX
この記事を書いた人
ぶらい

お読みいただきありがとうございます。通信代を節約することとデータ通信無制限を目的に、モバイルWiFi・格安SIM・格安スマホの情報をお届けしています。いま我が家は、「スマホ・ルーター」に楽天モバイルUNLIMITを挿してテザリング。私のスマホに別名義の楽天モバイルUNLIMIT、妻のスマホに半年間月額無料キャンペーン中に乗り換えたBIGLOBEモバイルを挿して運用中。現在通信月額料0円生活を送っています。

無制限SIMでモバイル

コメント