BroadWiMAXで通信モード切替機能が付いたW06が申し込める!

BroadWiMAXでHUAWEIの最新ルーターW06を申し込むことができます。



Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴

下り最大速度がギガビット超え

下り最大速度が1.2Gbpsとなり、初めてギガビットを超える通信速度となりました。

ルーターとPCをUSB接続することで、この速度の恩恵を受けられます。

Wi-Fi接続だと最大速度は867Mbpsです。

ただし、これは理論値ですので実効速度はもっと遅くなります。

たいていのユーザーはWiMAX2+ルーターでLTE通信を利用しませんし、東京など一部のエリアを除いて、ほとんどのエリアでは30~50もしくは50~100Mbpsくらいが通常利用するときの速度になるかと思います。

それでも、5Mbps以上あれば動画視聴には問題ないと言われていますので十分の速度です。

アンテナ品質の改良で通信が安定

W06に搭載しているアンテナの感度が向上し、通信がより安定します。

そのため、これまでと同じ空間で使っていてもつながりやすくなります。

バッテリーの持ち時間が最長11時間に

W06のバッテリー容量は3,000mAh、W05より250mAh多くなったため、バッテリーの持ち時間はこのようになりました。

モード時間
バッテリーセーブ(バッテリー消費が一番少ない)11時間40分
ノーマル9時間
ハイパフォーマンス7時間10分

W05と比べると、バッテリーセーブとハイパフォーマンスにおいて約1時間ほど長く持つようになります。

持ち運びをすることが多いモバイルルーターですので、この改善は大きいですね。

通信モード自動切り替え機能で使いすぎストップ

LTE通信の通信量が7GBを超えると、その月はWiMAX2+通信も含めて128kbpsの速度制限を受けてしまいます。

それを防止するために、W06は予め設定しておいたデータ量に達するとLTE通信を利用できるモード(ハイスピードプラスエリアモード)からWiMAX2+通信しか利用しないモード(ハイスピードモード)に自動的に切り替わります。

これでいちいち通信量を気にする必要がなくなります。

BroadWiMAXのW06料金プラン

BroadWiMAXはキャッシュバックのない月額割引のみです。

月額割引の料金プラン

 月額割引
利用開始月日割(2,726円)
1~2ヶ月目2,726円
3~24ヶ月目3,411円
25~36ヶ月目4,011円
37ヶ月目(契約更新月)4,011円
合計最大135,363円
コストはそれほど安くありませんが、今すぐ最新ルーターW06を使いたいというユーザーのために、他社プロバイダからの乗り換え時にかかる解約違約金を負担してくれます。

BroadWiMAXの契約期間と解約違約金

W06の契約期間は3年です。2年はありません。

利用開始月を0ヶ月目、その翌月を1ヶ月目として36ヶ月目までが契約期間です。

37ヶ月目が解約しても違約金のかからない契約更新月です。

契約更新月に解約しないと次の3年契約が自動更新されます。

契約更新月はいつからいつまで?

BroadWiMAXの契約更新月の期間は37ヶ月目の1日~月末ではありません。

36ヶ月目26日~37ヶ月目25日です。

つまり解約は契約更新月の前月26日から可能ということです。(前月(26日~月末日)中に解約しても37ヶ月目の月末日まで利用できますので安心してください。)

逆に、契約更新月の26日以降に解約すると違約金が発生してしまいます。

解約は日割ではありません。いつ解約しても1ヶ月分の月額料がかかります。(前月(26日~月末日)中に解約しても37ヶ月目の月額料はかかります。)

契約更新月の期間をうっかり間違ってしまうと、余計なお金を払ってしまうことになるので十分注意してください。

解約違約金

契約期間内に解約すると違約金が発生します。

キャッシュバックも月額割引も同じ金額です。

 金額
利用開始月~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目9,500円
37ヶ月目(契約更新月)0円
38ヶ月目以降(契約更新月を除く)9,500円

まとめ

W06がBroadWiMAXで申し込めるようになりました。

月額割引のみですが、他社プロバイダからの乗り換え時にかかる解約違約金を負担してくれるので、今すぐW06を使いたいユーザーはBroadWiMAXで申し込みましょう。

\公式ページ/

コメント