LTE通信を無料にできる激安プランはBroadWiMAXで見つかる?


WiMAX2+を使っていると場所によっては電波の入りが悪くなります。

そんなときはW05やW04などではWiMAX2+通信からLTE通信に切り替わるわけですが、2年契約でLTEを使えば使用量に関係なくその月はLTEオプション利用料を支払わないといけません。

しかし3年契約をすればLTE通信が無料で利用できます。

今回は、BroadWiMAXを3年契約して2年で途中解約する方法を使うとどれくらいのランニングコストになるか試算してみます。

BroadWiMAXはキャッシュバックはありませんが月額料金が安いので期待大です。安ければ利用価値アリです。

WiMAX2+は家でも外でも利用することを考えて、高速通信が7GBまでしかできない「ライトプラン」ではなく「ギガ放題プラン」を想定しています。



2年間LTE通信を無料で利用する方法

3年契約を申し込む

3年契約の料金表

出典:BroadWiMAXサイト
まずは3年契約に申し込みます。というか、BroadWiMAXはこれしかありません。3年契約ではLTEオプション利用料(1,004円/月(税抜))が無料になります。

25ヶ月目に解約する

解約違約金

出典:BradWiMAXサイト
利用開始月と利用開始月の翌月を1ヶ月目とした12ヶ月目までの解約違約金は19,000円(税抜)です。

13~24ヶ月目までは14,000円、25ヶ月目が欠落していますが、コールセンターに問い合わせたところ、25ヶ月目以降が9,500円(税抜)になります。大切な点ですので早く訂正してほしいですね。

2年間のランニングコスト試算

では、ここまでにかかる費用がいくらになるか計算してみましょう。

2年間のランニングコスト
月額(税抜)合計(税抜)
利用開始月日割最大2,726円
1~2ヶ月目2,726円5,452円
3~24ヶ月目3,411円75,042円
25ヶ月目4,011円4,011円
84,505+最大2,726円
(最大87,231円)
解約違約金9,500円
合計94,005+最大2,726円
(最大96,731円)
月額料金は安いですが、キャッシュバックがないので2年の途中解約でも10万円近くのランニングコストがかかってしまいますね。ちょっと期待したのですが残念な結果になりました。

WiMAX2+を2年間LTE通信無料で使うさいの注意点

BroadWiMAXでWiMAX2+を2年間LTE通信無料で使うさいの注意点を挙げておきます。

解約日に注意

25ヶ月目に解約するときは25日より前に解約しましょう。それを過ぎてしまうと26ヶ月目の解約となり1ヶ月余分に月額料を払ってしまうことになります。

速度制限に注意

LTE通信を無料で使えることは問題ないのですが、データ通信量が無制限というわけではありません。LTE通信が7GBを超えると速度制限がかかります。WiMAX2+通信もその対象になってしまいますのでLTE通信量が7GB/月を超えないように注意してください。

普段はWiMAX2+、つながらないなときだけLTE通信という使い分けが必要です。

同じ方法を使うならGMOとくとくBB

3年契約して2年で途中解約するこの方法を使うつもりなら、BroadWiMAXよりもとくとくBBのほうがオトクです。

高額キャッシュバックを実施しているので、今申し込めば7万円台で2年間LTE通信を無料で利用できます。

その方法はこちらで説明しています。

GMOとくとくBBはキャッシュバック3年を途中解約すればオトク?
GMOとくとくBBの3年契約を申し込むとキャッシュバックが高額です。この3年契約を2年で途中解約するとどうなるでしょうか?以下は、データ通信量無制限の「ギガ放題プラン」の料金プランで話を進めます。キャッシュバック3...

コメント