どんなときもWiFi・よくばりWiFi・MugenWiFiを徹底比較!2年契約レンタルWiFiのおすすめは?

この記事は約3分で読めます。

レンタルWiFiで2年契約がある「どんなときもWiFi」はCMも流れ、認知度が高まっていますが、それ以外のプロバイダも同様のプランを出してきています。

LTEルーターも同じで、使っているキャリアも同じなので、あとは料金やサービスがどれだけ充実しているかが決め手になります。



2年契約のあるレンタルWiFiプロバイダ

どんなときもWiFi以外に同じプランを出しているのは、よくばりWiFiMugenWiFiです。これらのプロバイダはすべて、U2Sという同じルーターを提供しています。

どんなときもWiFiより引用

U2Sの特徴

U2Sは、国内ではマルチキャリア(ドコモ・au・Softbank)対応で、海外利用も可能です。国内ではキャリアのエリア内であれば、日本全国どこでもつながります。

気になる通信速度は常時20~30Mbpsで、スポーツのライブ中継も問題なく高画質で視聴できます。

3社プロバイダ比較

3社プロバイダの料金プランを比較してみます。

どんなときもWiFiよくばりWiFiMugenWiFi
月額3480円3450円3280円
事務手数料3000円3800円3000円
初期設定費用3000円
端末補償400円380円500円
端末返却要(解約月の翌月10日以内)要(解約月の翌月5日以内)不要
支払方法クレジット・口座振替クレジットクレジット
解約違約金0~12カ月:19000円
13~24カ月:14000円
25カ月:0円
26カ月以降:9500円
0~12カ月:18000円
13~24カ月:12000円
25カ月:0円
26カ月以降:9500円
1年未満:30000円
1~2年未満:25000円
25カ月:0円
26カ月以降:9500円
2年コスト※8万6520円8万6600円8万4720円
差額80円-1800円
※2年コストの内訳:月額×24カ月+事務手数料+初期設定費用

どんなときもWiFiのメリット

どんなときもWiFiのメリットは認知度と信頼性です。多くのユーザーが既に契約しており、大きなトラブルもありません。筆者も快適に使っています。クレジット以外に口座振替(200円プラス)の支払いもできます。

デメリット

月額が一番高いです。

よくばりWiFiのメリット

端末補償を付ければ月額が2ヶ月無料になります。1ヶ月ごとに契約更新する縛りなしプラン(4880円)もあります。

デメリット

初期費用が一番高いです。

MugenWiFiのメリット

月額が一番安いです。30日以内の返却には返金保証があります。24カ月経てば端末が自分のものになります。

デメリット

初期設定費用がかかります。契約期間中の解約違約金が一番高いです。

2年契約のおすすめレンタルWiFiは?

どんなときもWiFiよくばりWiFiMugenWiFi、どれも2年間のコストはほとんど変わりません。

よくばりWiFiもMugenWiFiも魅力のあるプランで、どれにするか悩みますが、現時点でおすすめしたいのは、やはり信頼度が一番高い「どんなときもWiFi」です。3社の中で、いち早くサービスを始めているので、経験値が他社よりも多いというアドバンテージがあります。また、初月の月額は日割り計算なので、いつ始めても無駄がありません。

コメント