FUJI WifiのLTE対応WiFiルーターは縛りなし速度制限なしで使える

FUJI Wifi
この記事は約6分で読めます。

FUJI Wifiって何?GMOとくとくBBやBroadWiMAXとどこが違うの?

そんな疑問にお答えします。

FUJI Wifiの運営会社はどこ?

まず気になるのが、どこの会社が運営をやっているの?ということです。

FUJI Wifiを運営している会社は株式会社レグルス。東京新宿に本社があり、人材派遣事業を主軸とする会社です。その会社がインバウンド事業の一環として始めたのがFUJIWifi。Wi-Fiルーターのレンタルサービスです。

Wi-FiルーターをレンタルできるFUJIWifi

Wi-Fiルーターと聞くと思い浮かぶのがWiMAX2+ルーター。

HUAWEIのW06やW05、NECのWX05などのモバイルルーターが有名です。今はホームルータータイプも人気が出てきています。

これらのルーターを提供しているプロバイダとして有名なのがGMOとくとくBBやBroadWiMAX。

GMOとくとくBBやBroadWiMAXが提供するルーターは実質無料ですが、基本はユーザーが買い取るタイプ。最終的にルーターが手元に残ります。しかし、そのかわり契約期間という縛りがあります。今は3年間というかなり長い縛りです。

ルーターを手元に残しておきたいというなら、GMOとくとくBBやBroadWiMAXを利用するのがベストです。最新のルーターを使うこともできます。

手元に残ったWiMAX2+ルーターは契約が終わった後でもau系の格安SIM、たとえばmineoやIIJmioなどのSIMを挿してサブ機として再利用することも可能です。

ただ本当にそのように使うことも念頭に置いているなら、なおさらWi-Fiルーターをレンタルする選択肢が生きてくると思います。

SoftbankのLTE回線を利用

FUJI WifiのWifiルーターはSoftbank回線を利用しているため、全国どこでもほぼ利用可能です。

WiMAX2+ルーターは田舎に行くとつながらないこともありますし、建物の中ではつながらないこともありますが、FUJI WifiのWifiルーターならこの問題はほぼ解決されます。

使っているSIMは格安SIMではないので、本家と同じキャリア回線の速度で利用できます。

物知りくん
物知りくん

これ、かなり重要なことなんだよね。

大容量データが格安料金

ネットをしていて一番気になるのは、データ容量と月額料金です。FUJI Wifiはこうなっています。

FUJI Wifiデータ容量月額
25GB2,500円
50GB3,100円
100GB3,800円
200GB4,800円
使い放題6,000円

格安SIMプロバイダmineoと比較してみると、その安さに驚きです。

mineoデータ容量(ソフトバンク回線)月額
500MB790円
3GB990円
6GB1,670円
10GB2,610円
20GB4,070円
30GB5,990円

30GBで6,000円の月額料になります。いかにFUJI Wifiが低料金で大容量データを提供しているかが分かるかと思います。

FUJI Wifiのプランには使い放題もありますが、よっぽどのヘビーユーザーでもない限り、一般ユーザーの普段使いであれば100~200GBもあれば十分です。

100GBでスタートしてどうしても足りないのであれば200GBにプラン変更(変更料1,000円)しましょう。

1日制限や3日制限などの速度制限なし

一般的に言ってLTE通信には速度制限が付き物です。たとえばSoftbank回線なら3日で3GBまでという上限があり、それを超えると速度が制限されます。

しかし、FUJI WifiのWifiルーターはLTE回線を上限なしで使えます。

レンタルできるWi-FiルーターはFS030Wや501HW

FUJI Wifiで取り扱っているルーターはFS030Wや501HWなどの人気ルーターです。高画質での動画視聴やファイルのダウンロードやアップロードに何の支障もありません。

WiMAX2+ルーターに比べると最大速度が遅いのが気がかりという人がいますが、20~30Mbpsは十分に出るので、動画視聴には全く問題ありません。

FUJI Wifiは契約の縛りも解約違約金もなし

レンタルの最大の魅力は、契約期間という縛りがないこと。

WiMAX2+ルーターをGMOとくとくBBなどのプロバイダで申込むと3年の契約縛りです。

もし何かの事情で解約しないといけなくとなると解約違約金が発生します。1年以内なら19,000円、2年以内なら14,000円、それ以降は9,500円。契約更新月以外は常に解約に違約金が付いてきます。

FUJI Wifiのレンタルは縛りがないので解約違約金もありません。

解約事務手数料もない

解約事務手数料?となりますが、Wifiルーターをレンタルしているプロバイダの中には解約手続きの事務手数料を取るところもあります。

ユーザーからすれば解約違約金とどこが違うの?というツッコミを入れたくなりますが、FUJI Wifiはこのような理不尽な解約事務手数料を取ることもありません。

やめたいときに手数料なしで簡単にやめることができます。

解約は簡単

解約は会員登録後に使えるようになる「マイページ」から申請するだけでOKです。

当月中に解約したい場合は当月15日が締め日となります。

解約月の翌月3日(当日消印有効)までにレンタルした器材を追跡可能な方法(レターパック・ゆうパック・宅配便等)で返却します。返送料は自己負担になります。

最後に追跡番号をメールで連絡して終了です。

返却するもの
  • ルーター本体(電池パック・SIMカード含む)
  • USBケーブル

返却先:〒162-0045 東京都新宿区馬場下町5 早稲田駅前ビル4F 株式会社レグルス

申込時に本人確認が必要

申込時に、本人確認用の書類(運転免許証など)をアップロードします。

ルーターを壊してしまった時の補償は?

ルーターが自分のものではないというのは一抹の不安を覚えます。なくしたり壊したりしたらどうするの?弁済金ってかなり高いんじゃ?と、思ってしまいますね。

FUJI Wifiの弁済金はこうなっています。

弁済金一覧金額
本体(電池パック・背面カバーを含む)20,000円
SIMカード4,000円
USBケーブル200円

本体もSIMカードも結構な金額です。

安心サポートに加入すれば安心

FUJI Wifiは「安心サポート(月額300円)」を用意しています。

この安心サポートは月額300円なのですが、それが「安心セットお値引き300円」というプログラム適用で結局タダで利用できます。

これに入っていると自然故障、破損、水没などによって生じる弁済金が免除されて、機器の交換をしてくれます。

このサポートは、紛失や盗難が補償対象外なので、それに対しても補償が必要なら、1ランク上の「安心サポートPremium(月額620円)」を付けましょう。

これも300円割引が適用されるので実質320円で利用できます。

まとめ

FUJI WifiのWifiルーターは借りたいときに借りて、返したいときに返すだけの簡単システム。

縛りがなく解約違約金もありません。エリアもソフトバンク回線と同じ範囲で使えます。データも大容量なのに格安料金。

縛りなし・速度制限なしのモバイルWi-Fiルーターを使いたい人には、FUJIWifiをおすすめします。