FUJIWiFiはSIM単体が安い!いつでも解約可能で3日速度制限なし

FUJI WifiはルーターとSIMのセットレンタル以外に、SIM単体でのレンタルも可能。モバイルWiFiルーターがあれば、月額をかなり抑えることができます。

告知

現在、FUJIWiFiは数量限定で申込を再開しています。ただし、停止中の場合もあるので、公式サイトで確認してください

ルータープランSIMプラン
100ギガプラン100ギガプラン
50ギガプラン50ギガプラン
25ギガプラン20ギガプラン

以下のクーポンコードを入力すると、SIM20ギガプラン(月々払い)の事務手数料が無料、月額が500円割引されます。

クーポンコード:2020MAY-500

以下のクーポンコードを入力すると、SIM200プラン(月々払い)、SIM100プラン(月々払い)、SIM50プラン(月々払い)の事務手数料が無料になります。

クーポンコード:2020MAY-JIMU

公式サイト


FUJI Wifiとは

FUJI Wifiは、ルーター+SIM、またはSIM単体のレンタルをしているプロバイダです。

株式会社レグルスという会社が運営しています。東京新宿に本社があり、人材派遣事業を主軸とする会社で、WiFiサービスは、インバウンド事業の一環として開始しています。

FUJIWifiの特徴

FUJI WifiはWiFiルーターのレンタルプロバイダですが、WiMAXをレンタルしているわけではありません。

GMOとくとくBBやBIGLOBEとの違い

WiMAX 2+はHUAWEIのW06やW05、NECのWX06などのモバイルルーターが有名です。今はホームルータータイプも人気が出てきています。これらのルーターを提供しているプロバイダがGMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAX 2+です。

契約期間は3年とかなり長めです。

これらのプロバイダと契約すると、契約終了後もルーターが手元に残ります。手元に残ったWiMAX2+ルーターはau系の格安SIM、たとえばmineoやIIJmioなどのSIMを挿してサブ機として再利用することも可能なので、まったくメリットがないわけではありません。

ただ、本当にそのような使用の仕方も考えているなら、なおさらWi-Fiルーターをレンタルするほうがメリットが大きいといえます。

Wi-FiルーターはFS030Wや501HW

FUJI Wifiで取り扱っているルーターはFS030Wや501HWなどのLTE対応ルーターです。

FUJI Wifiを選ぶメリット

SoftbankのLTE回線を利用

WiMAX2+ルーターは田舎に行くとつながらないこともありますし、建物の中ではつながらないこともありますが、FUJIWifiはSoftbank回線を利用しているため、全国どこでもほぼ利用可能です。

速度も20~30Mbpsくらい出ているので、動画視聴をするのも問題ありません。

使っているSIMはいわゆる「格安SIM」ではないので、本家と同じキャリア回線の速度で利用できます。

物知りくん
物知りくん

これ、かなり重要なことなんだよね。

データ大容量なのに料金が格安

ネットで一番気になるのは、データ容量と月額料金の関係です。コスパがいいのか、いつも気になりますね。FUJIWifiのルーターセットとmineoのデータSIMの月額料金を比較してみます。

ルーターセット月額
25GB2480円
50GB2980円
100GBプラン3280円
クラウドプラン3980円
SIM単体月額
20GB1980円
50GB2480円
100GB2980円
200GB3480円
mineoデータSIM(ソフトバンク回線)月額
500MB790円
3GB990円
6GB1670円
10GB2610円
20GB4070円
30GB5900円

こうやって、格安SIMプロバイダmineoと比較してみると、その安さに驚きです。

mineoでは30GBが約6,000円です。FUJIWifiは200GBでも3000円台。FUJI Wifiが高コスパであるかが分かります。

お得情報

FUJIWiFiで月額割引等のキャンペーン実施中!

1日制限や3日制限などの速度制限なし

一般的に言ってLTE通信には速度制限が付き物です。たとえばSoftbank回線なら3日で3GBまでという上限があり、それを超えると速度が制限されます。

しかし、FUJI WifiのWifiルーターはLTE回線を上限なしで使えます。

契約の縛りも解約違約金もなし

レンタルの最大の魅力は、契約期間という縛りがないこと。

GMOとくとくBBなどWiMAXプロバイダでは3年間の契約期間があります。契約期間内に解約すると解約違約金も発生します。

FUJIWifiは、契約期間がないので解約違約金もありません。

解約事務手数料もない

解約事務手数料?となりますが、Wifiルーターをレンタルしているプロバイダの中には解約手続きの事務手数料を取るところもあります。

ユーザーからすれば解約違約金とどこが違うの?というツッコミを入れたくなりますが、FUJI Wifiはこのような理不尽な解約事務手数料を取ることもありません。

やめたいときに手数料なしで簡単にやめることができます。

解約の仕方もかんたん

解約は会員登録後に使えるようになる「マイページ」から申請するだけでOKです。

当月中に解約したい場合は当月15日が締め日となります。

解約月の翌月3日(当日消印有効)までにレンタルした器材を追跡可能な方法(レターパック・ゆうパック・宅配便等)で返却します。返送料は自己負担になります。

最後に追跡番号をメールで連絡して終了です。

返却するもの
  • ルーター本体(電池パック・SIMカード含む)
  • USBケーブル

返却先:〒162-0045 東京都新宿区馬場下町5 早稲田駅前ビル4F 株式会社レグルス

FUJIWifiの注意点

補償は大丈夫?

レンタルルーターは、なくしたり壊したりしたときの補償が気になります。

FUJI Wifiの弁済金はこうなっています。

弁済金一覧金額
本体(電池パック・背面カバーを含む)20,000円
SIMカード4,000円
USBケーブル200円

安心サポートを利用できる

FUJIWifiには「安心サポート(月額300円)」という補償サービスがあります。

この安心サポートは月額300円ですが、「安心セットお値引き300円」というプログラムを適用すると実質無料になります。

この補償に入っていると、自然故障、破損、水没などによって生じる弁済金が免除されて、機器の交換をしてくれます。ただし、紛失や盗難が補償対象外なので、その補償も付けたいなら、「安心サポートPremium(月額620円)」があります。

この補償も、300円割引が適用されるので、実質320円で利用できます。

まとめ

FUJI Wifiのサービスを紹介しました。

Wifiルーターを借りたいときに借りて、返したいときに返すだけの簡単システム。縛りがなく解約違約金もありません。エリアもソフトバンク回線と同じ範囲で使えます。データも大容量なのに格安料金。

おすすめはSIM単体のレンタルです。WiFiルーターがあれば、さらに安く利用できます。

SIMフリールーターの紹介

FS030Wは、多くのプロバイダが使っているSIMフリールーターで、バッテリーの持ち時間が長いです。価格も1万3千円ほどなので、ひとつあると何かと便利ですよ。