JPWiMAXと@niftyWiMAXの比較ポイント

@niftyWiMAXは高額キャッシュバックのある老舗WiMAX2+プロバイダです。それに対してJPWiMAXは最近出始めた新しいプロバイダ。

HUAWEIの最新ルーターW06の申込みは@niftyWiMAXとJPWiMAXでどちらがおすすめでしょうか。比較ポイントをお伝えします。

どうぞ参考にしてください。



@niftyWiMAXの料金プラン

@niftyWiMAXはキャッシュバックが3万円あります。

@niftyWiMAXキャッシュバック
利用開始月0円
1~2ヶ月3,420円
3~36ヶ月4,100円
37ヶ月(契約更新月)4,100円
 150,320円
キャッシュバック-30,000円
合計120,320円

JPWiMAXの料金プラン

料金プラン月額
利用開始月(1ヶ月目)日割(最大2,800円)
2~3ヶ月目2,800円
4~24ヶ月目3,500円
25~36ヶ月目4,100円
37ヶ月目(契約更新月)4,100円
 最大135,200円
キャッシュバック-16,000円
合計119,200円

比較ポイント

初期費用

初期費用は契約事務手数料に加えオプション費用もかかることがあります。

@niftyWiMAX

契約事務手数料は3,000円。

申込時に強制的に入らなければいけないオプションはありませんが、ルーター代が1円かかります。

また、@niftyWiMAXの新規加入なら会員料(250円/月)が上乗せされます。

JPWiMAX

契約事務手数料は3,000円。

契約時に加入しないといけないオプションはありません。

JPWiMAXは会員料がありません。無料で利用できます。

契約期間

契約期間は@niftyWiMAXもJPWiMAXも3年ですが、JPWiMAXのほうが1ヶ月早く終了します。

その理由は利用開始月を1ヶ月目と数えているから。

@niftyWiMAXは利用開始月の翌月を1ヶ月目と数えます。

JPWiMAXのほうが1ヶ月早く契約が終了するため、月額料の支払いも1ヶ月分少なくなります。

キャッシュバック受取前のトータルコスト

キャッシュバックは受け取りを忘れることもあるので、このコストは比較的重要です。

@niftyWiMAXは150,320円ですが、会員料を加えると159,570円となります。

JPWiAMXは135,200円です。

JPWiMAXのほうがコストがかかりません。

キャッシュバックの受け取りやすさ

キャッシュバックの受け取りやすさがもらい忘れを防いでくれます。

@niftyWiMAX

キャッシュバックは利用開始月を含む11ヶ月目に、契約時に登録する@niftyWiMAXの専用メールアドレスに案内メールが届きます。

振込口座の指定ができれば、翌月にキャッシュバックが振り込まれます。

普段は使わないであろう@niftyWiMAX専用メールアドレスに案内メールが届くので、リマインダーなどを利用してメールが届くことを思い出せるようにしておきましょう。

JPWiMAX

キャッシュバックはアマゾンギフト券です。受け取りは2回。

申し込んだら返信される申込み完了メールに「ギフト券申請URL」が記載されています。数日後に端末が届きますが、端末と同梱されている契約書面に「契約ID」が記載されているので、そのIDを「ギフト券申請URL」に入力します。

すると、すぐに1万円分のアマゾンギフト券が発行されます。

2回目は1年継続利用後の月に、契約時に登録したメールアドレス宛てに申請URLの再度利用の案内メールが届くので、1回目に使った申請URLで再度申請します。

申請の翌営業日に2回目のキャッシュバックが発行されます。

キャシュバックの有効期限は契約満了時までです。

JPWiMAXは受け取りやすさ、有効期限の長さ、受け取れる速さで@niftyWiMAXに勝っています。
契約時に登録するメールアドレスは普段使うアドレスを指定できるので、1年後に届く案内メールを見落とす心配もありません。

キャッシュバック受取後のコスト

キャッシュバックを無事に受け取ることができれば、どちらが安くなるでしょうか。

@niftyWiMAXは120,320円、会員料を加えると129,570円。

JPWiMAXは119,200円。

JPWiMAXのほうがキャッシュバック受取後も@niftyWiMAXより安くなります。

月額料金

@niftyWiMAXは初月が0円、続く2ヶ月が3,420円、それ以降はずっと4,100円。

JPWiMAXは最初のキャンペーン金額2,800円、その後の2年間が3,500円、最後の1年が4,100円です。

@niftyWiMAXは初月が無料でおトクに見えます。しかし、それ以降の3年間は4,100円。
そのため、毎月の支払いも最後の1年を除いてJPWiMAXのほうが少なくてすみます。

まとめ

@niftyWiMAXとJPWiMAXの比較はいかがだったでしょうか。

比較するポイントの何を重視するかで選ぶプロバイダが変わってきます。

解約違約金が心配なら@niftyWiMAXとなります。

総額コストやキャッシュバックの受け取りやすさならJPWiMAXです。

悩むところですが、JPWiMAXは@niftyWiMAXと比較して以下のような特徴があります。

  • 開始月から更新月までの月数が短いので月額料の支払いが1ヶ月少ない
  • 会員料を払わなくていい
  • キャッシュバックの受取りが簡単なのでもらい忘れるリスクが極めて低い
  • キャッシュバックの受取り有効期間が契約満期までと非常に長い
  • たとえキャッシュバックをもらい損ねても月額料が高くないのでダメージが少ない

結論として、@niftyWiMAXとJPWiMAXの選択ならJPWiMAXをおすすめします。

JPWiMAX
この記事を書いた人
ぶらい

お読みいただきありがとうございます。通信代を節約することとデータ通信無制限を目的に、モバイルWiFi・格安SIM・格安スマホの情報をお届けしています。いま我が家は、「スマホ・ルーター」に楽天モバイルUNLIMITを挿してテザリング。私のスマホに別名義の楽天モバイルUNLIMIT、妻のスマホに半年間月額無料キャンペーン中に乗り換えたBIGLOBEモバイルを挿して運用中。現在通信月額料0円生活を送っています。

無制限SIMでモバイル

コメント