【WiMAX2+ギガ放題】GMOとくとくBBのキャッシュバックは本当に得?


とくとくBBは高額キャッシュバックで有名ですが、本当にオトクなのでしょうか?

月額料金も含めて検証してみましょう。



とくとくBBのギガ放題2年のキャッシュバックコース

GMOとくとくBBには2種類のコースがあります。

キャッシュバックコースと月額料金値引きコースですが、ここではキャッシュバックコースを検証します。

料金体系

キャッシュバックコース2年プランの料金体系は以下のとおりです。
(とくとくBBサイトから引用)

利用開始月は日割計算

利用開始月は3,609円(税抜き)の日割計算です。
(31で割って発送日から月末までの日数を掛ける)

一日あたりの日割額は116.4円(税抜)です。

仮に2月22日が発送日だとすると、2月22日~28日までの7日間の費用814円(税抜)がかかります。

1,2ヶ月目の月額料金

1,2ヶ月目はキャンペーン価格ということで3,609円(税抜)ですが、正直すごく安いというわけではありません。

3~24ヶ月目の月額料金

この期間が一番の肝です。

月額料金は4,263円(税抜)、4,000円を超えています。

毎月4,000円を超える支払いが生じるということを念頭に置いておく必要があります。

25ヶ月目の月額料金

解約料無料月となる25ヶ月目の月額料金は4,263円(税抜)です。

これで晴れて別のプロバイダに乗り換えができます。

3~24ヶ月目の月額料金が4,000円を超える

高額キャッシュバックに惹かれてこのコースを申し込むと、毎月4,000円以上の支払いがあります。

22ヶ月間の支払額は4,263円*22=93,786円(税抜)となります。

もしキャッシュバックをもらい損ねると、利用開始月から解約料無料月までの26ヶ月間の支払いは総額で10万円以上となります。

ですから、このあたりは慎重にならざるとえません。

キャッシュバックをもらえる条件

キャッシュバックをもらえる方法です。
(とくとくBBサイトから引用)

この文面で大切なのは、以下の文です。
「キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。」

文面の説明

端末発送月というのは利用開始月のことです。

たとえば2月が利用開始月だとすると、ここでいう11ヶ月目は12月になります。

基本メールアドレスとは、とくとくBBの専用アドレスのことです。

普段は使わないメールアドレスに案内メールが届きます。

案内メールが届いたら、振込口座などの記入をするフォームに移動し送信します。

受付有効期間は案内メールが届いてからの1ヶ月間です。

ここまでできれば、翌月末日(営業日)に、つまり1月末日に待望のキャッシュバックが振り込まれる算段です。

キャッシュバックが受け取りにくいと言われる理由

多くの口コミでキャッシュバックが受け取りにくいと言われるのは、普段使わないメールアドレスに案内メールが届くからです。

また、このアドレスには多くの宣伝メールも送られてくるので、案内メールを見過ごしやすいということもあります。

案内メールが送られてくる月を忘れない、案内メールを確実にゲットしさえすれば、キャッシュバックを受け取るのは難しくありません。

ただ人間は忘れやすい・・・。

案内メールが届く月を忘れずにいることは自己責任です。

それができる人はキャッシュバックコースに向いています。

ではいくらほどのキャッシュバックを期待できるのでしょうか?

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額

以下は2年プランでもらえるキャッシュバック金額です。

モバイルデータ端末キャッシュバック
Speed Wi-Fi NEXT W05(HUAWEI)32,400円
Speed Wi-Fi NEXT W04(HUAWEI)33,900円

キャッシュバックを撮り損ねないという自信があれば、GMOとくとくBBのキャッシュバックコースは一番オトクです。

案内メールさえ見過ごさなければもらったも同然です。

もらい忘れを防ぐために次の記事をご覧ください。

受け取れない?GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実にゲットする方法
GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取りにくいと評判ですが、ちょっとしたテクニックで受け取りやすくすることができます。毎月高額のキャッシュバックを用意しているGMOとくとくBBはけっこう狙い目のプロバイダです

コメント