モバイルWiFiルーターに楽天モバイルUN-LIMITを挿すくらいならスマホをルーター化するほうがいいんじゃない?

楽天モバイルのUN-LIMITはデータ通信量無制限(楽天回線)なので、モバイルWiFiルーターに挿して使おうと思っている人も多いのではないかと思います。ただ、モバイルWiFiルーターで楽天回線を使えるようにする設定はそこそこ難しいので、スマホをルーター化して使うことをおすすめします。



モバイルWiFiで楽天回線の設定はややこしい?

モバイルWiFiルーターに楽天モバイルのUN-LIMITを挿して使うことは可能です。しかし、そのためには、手動で設定する必要があります。

一例として、よく利用されるFW030WのAPN設定方法を挙げておきます。

手動で設定すること以外に、たとえ楽天回線につながっていても、いつの間にか外れてしまっていることがあります。その際は、再び設定し直さないといけない煩わしさもあります。

楽天モバイルでモバイルWiFiルーターも購入できるが・・・

楽天モバイルサイトでも、「Aterm MR05LN」というモバイルWiFiルーターを購入できます。デュアルSIM対応で性能も悪くなく、人気のあるルーターです。ただ、価格が少々高め。税込で2万3800円かかります。

これくらいかかるのであれば、スマホをルーター化することをおすすめします。

楽天モバイルで購入すれば、実質負担金が0円になるスマホもあり

楽天モバイルで購入すれば、楽天ポイントによる還元を受けられるスマホがあります。わたしは、AQUOS  sense3 liteを使っていますが、実質負担金が0円になるスマホがOPPO R5 2020。

このスマホの特徴は、容量が5000mAhもあるバッテリー。これだけの容量があれば、連続でテザリングしていても、2日は充電せずに持ちます。OTGケーブルを使えば、スマホやタブレットへのリバース充電も可能。

また、楽天モバイル端末なので、楽天回線エリアに入れば、楽天回線への切替も自動。以前、楽天モバイル端末ではないHUAWEIスマホにUN-LIMITを挿して使っていましたが、楽天回線につながったりつながらなかったりと不安定でした。それをAQUOSに変えてから、この問題がまったく起きていません。やはりUN-LIMITには対応端末がいいのかと。ルーターとして使うのであれば、この点はかなり重要です。

還元されるポイントは?

OPPO A5 2020の税込価格は22020円ですが、この端末を購入すると、20000円分のポイント還元。さらに、購入後、楽天Linkというアプリを利用するだけで、3000円分のポイント還元。

これだけでもう、ポイント還元額が購入金額を上回っています。

また、初期費用として、契約事務手数料が税込3300円かかりますが、これも先ほどの楽天Linkを利用するだけで、3300円分のポイント還元。

つまり、実質負担金0円でスマホが手に入るということです。

スマホをルーター化するほうがモバイルWiFiルーターよりお得

Atermを購入してもいいですが、ポイント還元はなし。OPPO A5 2020も同じくらいの金額ですが、すべてポイント還元されます。

また、Atermはバッテリー容量が2500mAhですが、OPPOは2倍の5000mAh。

さらに、スマホであれば、当然ルーター以外にも使えるので、使いみちの幅が全然違います。トータル的に考えて、スマホをルーター化するほうが、モバイルWiFiルーターよりもお得です。

ルーターにUN-LIMITを利用するときは、楽天モバイル端末を「スマホ・ルーター」として使ってください。快適ですよ。

コメント