W04から乗り換えならW05が節約ユーザーにかなりおすすめ

2017年2月に発売されたW04を申し込んだユーザーの多くが2月以降順々に契約満了月を迎え、新しいモバイルルーターに乗り換えていきます。

2019年1月にHUAWEIからW06が発売されたので、やっぱり一番新しいルーターに乗り換える人がほとんどです。

知りたがりくん
やっぱりギガビット超えはインパクトあるよな。

でも、チョット待って!

W06と性能的にほとんど変わらないのに安価なルーターがあるんです!

が、その前に、W06のギガビット超えのカラクリを説明します。



W06の最大特徴ギガビット超えのカラクリ

W06の最大の特徴は何と言っても下り最大速度がギガビット超えしたこと。

ただし、このギガビット超えにはちょっとしたカラクリがあります。

有線接続であること

まず最初のカラクリは有線接続であること。

モバイルルーターW06と端末をUSB接続(USB3.0以上対応のType-Cケーブル)する必要があります。

モバイルルーターなのに有線・・・。

Wi-Fi接続ではギガビット超えしません。

Wi-Fi接続では最大でも867Mbps。ただし、この数値にもカラクリがあります。

LTE通信を使わないといけない

もう一つのカラクリはLTE通信を使わないといけないこと。

WiMAX2+通信だけでは有線でもギガビット超えしませんし、Wi-Fi接続でも867Mbpsの下り最大速度は出ません。

WiMAX2+モバイルルーターでLTE通信を使うとどうなるか?

LTE通信は7GBまでという制限があるので、もしこの数値を超えるとWiMAX2+通信も含めて128kbpsという超遅の速度制限を月末まで受けてしまうことになります。

128kbpsなんてはっきり言ってもう何もできません。使えば使うほどストレスが溜まります。

ですから、普段はLTE通信を使わない設定にしているのが普通です。

普段使いではLTE通信を使わないのですから、ギガビット超え!とか867Mbps!と言われても、結局は絵に描いた餅と変わりません。

ですから、大事なのはWiMAX2+通信しか使わない設定での下り最大速度です。

W06のハイスピードモードの下り最大速度は?

WiMAX2+通信しか使わない設定状態のことをハイスピードモードといいますが、この状態での下り最大速度はいくらでしょうか?

スペック表を見ればすぐ分かりますが、W06のハイスピードモードの下り最大速度は558Mbpsです。

ギガビット超えはハイスピードプラスエリアモード(LTE通信併用)+USB接続という本来ほとんど使わない環境でのスピードです。
一般的な使い方では下り最大速度は558Mbpsです。

W05もハイスピードモードの下り最大速度が558Mpbps

実はW05もハイスピードモードの下り最大速度は558Mbpsです。

つまり、一般的な使い方であるハイスピードモードでの性能はW06もW05も同じです。

W06とW05の違いは?

では、W06とW05では何が違うのでしょうか?

違いはバッテリーの持ち時間が少し長くなったこととWiMAX2+の電波を受信する感度が若干向上したことくらいです。ただこれは使い方や置き場所でどうにでもなる部分です。

それ以外はすべてW05の機能を継承しています。W06にはあってW05にはないという機能が追加されているわけではありません。

ですから、W06とW05は性能的に大きく違うわけではなく機能面も大差ありません。

W06とW05のプロバイダ最安料金プラン比較

こうなると、W06にするかW05にするかの決め手は料金プランになります。

料金プランの安いほうを選ぶ、非常に分かりやすく簡単です。

料金プラン比較(2019年2月)W06W05
利用開始月日割(最大3,609円)0円
1~2ヶ月目3,609円1,980円
3~36ヶ月目4,263円3,270円
37ヶ月目(契約更新月)4,263円4,380円
160,032円119,520円
キャッシュバック32,000円
合計128,032円119,520円
差額-8,512円
プロバイダGMOとくとくBB
キャッシュバック
ノバワイマックス

W06の最安プランはGMOとくとくBBのキャッシュバックです。3年間の総コストは128,032円。

一方、W05の最安プランはノバワイマックス。

比較すると一目瞭然、ノバワイマックスのW05が断然安いですね。

知りたがりくん
8,000円以上の差がつくんだな。
新しいものにすぐに飛びつかず、一歩ちょっと下がるだけで8,000円以上の節約ができます。

ノバワイマックスとは?

知りたがりくん
でもノバワイマックスって聞いたことないぞ。
物知りくん
ルーターメーカーとしてホームルーターを製造している会社が運営しているんだ。しっかりしている会社だよ。

ノバワイマックス(novas WiMAX)は、これまでもWiMAX2+モバイルルーターを取り扱っていましたが、ユーザーにとってメリットが大きい料金プランはありませんでした。

しかし、昨年後半からモバイルルーターW05がかなりオトクに手に入る料金プランを提供するようになりました。

ノバワイマックスのW05料金プランは3年・最安

ノバワイマックスの基本月額料は3,270円です。

これより安い月額料はありません。

利用開始月は無料(0円)、続く2ヶ月は1,970円のキャンペーン料金です。

月額合計
利用開始月0円0円
1~2ヶ月目1,980円3,960円
3~36ヶ月目3,270円111,180円
37ヶ月目(契約更新月)4,380円4,380円
合計119,520円
平均月額(38ヶ月)3,145.2円
現在、ノバワイマックスはW05の3年契約における最安プロバイダです。

ノバワイマックス(novas WiMAX)のメリット

  1. 月額割引なのでキャッシュバックをもらい忘れる心配がない
  2. 月額料が安い
  3. 不要なオプション追加もなし

月額割引なのでキャッシュバックをもらい忘れる心配がない

W05の料金プランにはキャッシュバックがありません。

そのため、キャッシュバックのもらい忘れの心配がないので安心です。

月額料が安い

初月はいつ始めても無料です。

続く2ヶ月間は1,980円、それ以降も3年間ずっと3,270円の一定月額で途中で値上がりすることはありません。

キャッシュバックがなくても12万円を切るのはこの料金プランだけです。

不要なオプション追加もなし

こんなに安ければ強制的にオプションが付きそうですが、そういったものもありません。

ノバワイマックス(novas WiMAX)の契約期間と解約違約金

モバイルルーターW05の契約期間は3年間、契約事務手数料は3,000円。

利用開始月が0ヶ月目、その翌月を1ヶ月目として36ヶ月目までが契約期間です。

37ヶ月目が違約金なしで解約できる契約更新月となります。契約更新月での解約はいつやめても満額支払いです。

契約更新月の期間は?

契約更新月の期間は37ヶ月目の1日~月末日までです。

いつやめても月末日までは使えますが、契約は自動更新(3年)ですので、解約する場合は契約更新月になったら早めに解約手続きを済ませておきましょう。

解約違約金

契約期間内に解約すると違約金が発生します。

金額
利用開始月~12ヶ月目19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目14,000円
25ヶ月目~36ヶ月目9,500円
37ヶ月目(契約更新月)0円
38ヶ月目以降(契約更新月を除く)9,500円

まとめ

今年はW04からの乗り換えが増える年です。1月にW06が出たばかりで多くのユーザーがギガビット超えを期待してW06に乗り換えます。

しかし、実際はハイスピードモードで使うことになります。

このモードでの下り最大速度はW06もW05も同じです。

性能的にはほとんど変わらないルーターなので、コスト重視・節約重視ならW04からの乗り換えはより安く入手できるW05をおすすめします。

コメント