【19年11月最新版】WiMAXルーターW06のおすすめプロバイダ7社

この記事は約3分で読めます。

WiMAX 2+プロバイダはたくさんあるので、どのプロバイダに申し込めばいいか迷いますね。Wi-Fiルーターとして非常に使い勝手のいいWiMAX 2+ルーターには、持ち運びができるモバイルタイプと据え置きのホームタイプがあります。

おすすめはモバイルルーター。 バッテリータイプなのでコンセントにつなげなくても使えますし、 いつでも手軽に持ち出せます。ここでは、モバイルルーターW06のおすすめプロバイダを紹介します。

WiMAX 2+モバイルルーターW06の最安プロバイダ比較

WiMAX 2+プロバイダは月額料・トータルコストで選ぶ

どのプロバイダに申し込んでも、WiMAXルーターの速度や電波の届くエリアは同じです。そのため、プロバイダを選ぶポイントは月額料金・トータルコストになります。

物知りくん
物知りくん

じゃあ、どのプロバイダが一番安いか見てみよう。

CB:キャッシュバック
W06プロバイダ(公式サイト)年数詳細合計CBCB受取前
人気
GMOとくとくBB(CB)
3年詳細最大125,232円34,800円最大160,032円
オトク2000円割引
GMOとくとくBB(月額割引)
3年詳細最大127,093円2000円 最大129,093円
おすすめ
BIGLOBE WiMAX 2+(CB)
1年詳細54,560円(既存会員)
56,960円(新規会員)
10,000円64,560円
66,960円
DTI WiMAX 2+(月額割引)3年134,190円
BroadWiMAX(月額割引)3年最大135,363円
カシモWiMAX(月額割引)3年最大138,127円
So-net WiMAX3年142,635円(既存会員)
150,035円(新規会員)

モバイルルーターW06の特徴

知りたがりくん
知りたがりくん

W06にはこんな特徴があるぞ。

W06の特徴
  • 基地局からルーターまでの通信速度が光回線なみに速くなった
  • 通信の安定性が増した
  • バッテリーの駆動時間が長くなった

W06は下り最大速度がギガビット超え

基地局からルーターまでの下り最大速度が1.2Gbpsとなり、初めてギガビットを超える通信速度となりました。条件はハイスピードプラスエリアモードであること。ルーターから端末までのWi-Fi最大速度は867Mbpsですが、実際の速度は30~100Mbpsくらいです。

5Mbps以上あれば動画視聴には問題ないので30Mbpsでも十分の速度です。

アンテナの感度が上がって通信が安定

W06に搭載しているアンテナの感度が向上し通信がより安定するようになりました。そのため、通信の途切れが起きにくくなっています。YouTubeなどを見ているときに突然画面の真ん中で接続中のあの表示がクルクル回り始めることほどストレスになるものはないですから、これはうれしい改善ですね。

バッテリーの持ち時間が最長11時間に

W06のバッテリー容量は3,000mAh。一つ前のW05より250mAh多くなったため、バッテリーの持ち時間が延びました。

W05と比べるとバッテリーセーブとハイパフォーマンスで約1時間ほど長くなっています。

モード時間
バッテリーセーブ(バッテリー消費が一番少ない)11時間40分
ノーマル9時間
ハイパフォーマンス7時間10分
知りたがりくん
知りたがりくん

たくさんあったけど、今月のおすすめプロバイダはどれなんだ?

WiMAX 2+
この記事を書いた人
ぶらい

お読みいただきありがとうございます。WiMAXやレンタルWiFi、UQモバイルやBIGLOBEモバイルなどの情報をお届けしています。

フォローに感謝します
フォローに感謝します
スポンサーリンク
モバイルWiFiと格安SIMの失敗しない選び方

コメント