初期費用0円で始められる「縛りなし無制限WiFi」

初期費用0円で始められる縛りなし月間容量無制限WiFiといえば、楽天モバイルです。契約事務手数料やSIMカード手配料は0円、手元にテザリングができるスマホがあれば、ひとまずルーター代もかかりません。

光回線を引くことができないなら、まず楽天モバイルが使えないかを考えてみましょう。



楽天モバイルは初期費用0円で始められる

最近はahamoをはじめ、契約事務手数料を取らないオンラインブランドもありますが、一般的には初期費用として契約事務手数料やSIMカード手配料などを取られます。

楽天モバイルもサービス当初、楽天ポイントで還元することで実質0円でしたが、契約事務手数料がありました。しかしそのあと、完全に契約事務手数料を撤廃し、今に至っています。

契約事務手数料はサービスを利用するうえで最初の心理的障壁となります。申し込んだのはいいけど、自分の住んでいるところで本当に使えるのかわからないという人であればなおさらです。

0円で始めることができれば、たとえ使えなかったとしてもお金が無駄になりません。

維持費用も0円から

楽天モバイルの月額は従量制で、通信量が1GB未満であれば0円です。使わなければほんとうにお金がかかりません。そのため、使えないのに月額料金だけは取られるという心配もありません。

楽天モバイルの月額料金は、次のようなシステムとなっています。

容量月額
1GB未満0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
20GB以上3,278円

3,278円で無制限というのは破格の金額なので、楽天モバイルでWiFi環境を構築できれば言うことなしです。

通話も0円でかけられる 通信量ノーカウント

楽天モバイルには「Rakuten Link」という専用アプリがあり、Rakuten Linkを使った国内通話に限り、0円で電話をかけられます。

Rakuten Linkを利用した通話やメッセージにかかるデータ通信量はノーカウントとなり、容量は消費されません。そのため、通話の0円運用が可能です。

やめるのも0円

楽天モバイルは解約も0円です。最低利用期間もなく、解約料もありません。また、電話番号をほかの携帯会社に移行するさいに必要となるMNP転出料もかかりません。

楽天モバイルはすべて0円

楽天モバイルは始めから終わりまですべて0円。そのため、たとえ楽天回線が利用できなかったとしても損はしない

縛りなし無制限WiFiとして利用するには願ったり叶ったりのSIMです。

楽天モバイルの注意点

楽天モバイルは2つの電波を利用しています。1つは自社回線である楽天回線(Band3)、もう1つはパートナー回線であるau回線(Band18)です。

注意しておきたいのは、楽天回線エリアにいても、楽天回線の電波が弱いとパートナー回線につながることです。

パートナー回線は毎月5GBまでしか使えません。5GBを超えると、パートナー回線の通信速度が最大1Mbpsになり、それが月末まで続きます。1MbpsでもYouTubeのノーマル画質を問題なく見られます。ただし、在宅ワークでのリモート会議に使うには難しいでしょう。

縛りなし無制限WiFiの条件

楽天回線がしっかりつながることが、縛りなし無制限WiFiとして使いものになる大前提

SIMフリーLTEルーターを用意

楽天モバイルを利用するにはSIMフリーLTEルーターが必要ですが、スマホでテザリングするのが最も簡単です。余っているスマホがあれば、それを使いましょう。速度も十分出ますし、安定しています。もしそれだけでは不満であれば、ルーターを用意してください。

TP-LINK WR600

TP-LINK WR600の特徴ですが、BAND18を掴まないので、知らないうちにau回線につながってしまうということがありません。楽天回線(BAND18)を掴み続けてくれます。

Yahooショッピングにて購入可能です。

スペック
インターフェース1×10 / 100 / 1000Mbps LAN / WANポート
3×10 / 100 / 1000Mbps LANポート
1×マイクロSIMカードスロット
ボタンWPS /リセットボタン
WiFiオン/オフボタン
電源オン/オフボタン
寸法(W x D x H)202×141×33.6mm
アンテナ2×取り外し可能な4GLTEアンテナ
ワイヤレス規格IEEE 802.11a / n / ac 5GHz
IEEE 802.11b / g / n 2.4GHz
Wi-Fi最大伝送速度2.4GHz:最大300Mbps
5GHz:最大867Mbps
ワイヤレス
セキュリティ
64/128ビットWEP
WPA / WPA2
WPA-PSK / WPA2-PSK暗号化
ネットワーク4G:
FDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B20 / B28
TDD-LTE:B38 / B40 / B41

キャリアアグリゲーション:
B1 + B3 / B5 / B7 / B8 / B20
B3 + B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B20 / B28 / B38 / B40
B5 + B1 / B3 / B5 / B7 / B40
B7 + B1 / B3 / B5 / B7 / B8 / B20 / B28
B8 + B1 / B3 / B7
B20 + B1 / B3 / B7
B28 + B3 / B7 / B40
B38 + B38
B40 + B40
B41 + B41
プロトコルIPv4、IPv6
同梱物電源アダプター
RJ45イーサネットケーブル

ほかに使えるSIMフリーLTEルーターとして、NECのAterm MP02LNAterm MR05LNをおすすめします。こちらはBAND18も有効です。

まとめ

楽天モバイルのUN-LIMIT VIは月間容量無制限で月額3,278円、すべてを0円から始められるという「縛りなし無制限WiFi」としては最強ともいえる商品。

たとえつながらなかったとしても使わなければ維持料0円、やめるときも0円です。

楽天回線エリア内にいるなら、まずは試してみることをおすすめします。

質問欄 質問等ございましたら、ご記入ください。