【厳選】今が旬!おすすめモバイルWiFiプロバイダの特徴とメリット

この記事は約4分で読めます。

「モバイルWiFiって何がいいの?」

たくさんありすぎて、どれを選んだらいいのか分からなくなることありますよね。わたしもそうでした。

毎年、新しいプロバイダが生まれて、いろいろなサービスを提供しています。しかし、ひとつひとつ調べるのは時間もかかり、とても大変です。そこで、今が旬のおすすめモバイルWiFiプロバイダを選りすぐってご紹介いたします。

ここで紹介するWi-Fiルーターは、すべて到着したその日からすぐに使えます。電源をONにするだけなので、工事費用もかかりません。

どんなときもWiFiは1日3日の通信制限なし・データ無制限

どんなときもWiFiは、WiFiルーターをレンタルしています。

契約年数は2年

レンタルWiFiプロバイダには契約期間があるものとないものがあります。どんなときもWiFiは2年の契約期間があります。

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiが提供しているWi-FiルーターはD1(U2S)。次のような特徴があります。

3大キャリアのLTE回線が使える

どんなときもWiFiの最大の特徴は、3大キャリアのLTE回線をすべて使えること。そのため、スマホが使えるところなら、日本全国どこでもつながります。

データ容量が使い放題

1日何GBまで、3日何GBまでという通信容量の制限がありません。月間のデータ容量も無制限です。

縛りなしWiFiは契約期間なし・初期費用ゼロ

縛りなしWiFiもレンタルWiFiプロバイダですが、どんなときもWiFiとは違い、こちらは契約期間がありません。

契約期間の縛りなし

縛りなしWiFiの最大特徴は、契約期間の縛りがないこと。最低でも利用開始月の翌月末までの利用が必要ですが、それ以降は、いつ解約しても構いません。

初期費用なし

ほとんどのプロバイダでは、初期費用3000円(税抜)がかかります。縛りなしWiFiでは、その費用が要らないので、初期段階の金銭的負担が少なく、手軽に始めることができます。

WiMAXかSoftbank対応ルーターをレンタルできる

WiMAXルーターとSoftbankのLTE対応ルーターのいずれかをレンタルできます。ただし、ユーザーは選択できません。

月間のデータ容量無制限

WiMAXルーターは3日10GBまで、SoftbankのLTE対応ルーターは1日2GBまでの通信容量制限がありますが、月間のデータ容量は無制限です。

BIGLOBE WiMAX 2+はギガ放題1年プラン

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXプロバイダです。これまでは3年契約でしたが、1年プランを打ち出してきました。契約期間内に解約すると1000円の解約違約金をとられます。

キャッシュバックの受取が早くて簡単

キャッシュバックの受取が簡単です。利用開始月の翌月にキャッシュバックを受け取ることができます。手続方法も分かりやすく、申請すれば一両日中に振り込まれます。

利用開始月が無料

利用開始月が無料で、初期費用は契約事務手数料3000円だけです。初期負担が少ないと、申込みやすくなります。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBはキャッシュバックと月額割引の2プランがあります。WiMAXルーターを使うことができます。

契約年数は3年

契約期間は3年です。契約終了後はルーターを返却する必要がありません。

高額のキャッシュバック

WiMAXプロバイダの中で、一番多くキャッシュバックが用意されています。ただし、キャッシュバックはいらないというユーザーは月額割引がおすすめです。WiMAXプロバイダの中で月額料が一番安いのでお得です。

月間のデータ容量無制限

3日10GBまでの通信容量制限がありますが、月間のデータ容量は無制限です。

いまは、さまざまなタイプのモバイルWiFiが出ていて、ユーザーとしては嬉しい限りです。ただ、その分、悩みも増えますね。この記事を皮切りに、ほかの記事も参考にしながら、自分の生活スタイルにピッタリ合うモバイルWiFiを見つけていただきたいと思います。