WX02はSIMロック解除不可なのでau系格安SIMで再利用

WiMAXルーターWX02(Speed Wi-Fi NEXT WX02)に格安SIMを挿してWiFi接続することができます。ただし、SIMロック解除ができないため、au系格安SIMしか利用できません。さらに、au系でも使えない種類のSIMがあるので、そのあたりの注意点を書いていきます。



WX02のスペック

 

WX02スペック表

周波数帯域2.4GHz/5GHz
対応回線WiMAX 2+/WiMAX
下り速度最大220Mbps
上り速度最大10Mbps
オートチャネルセレクト機能2.4GHz帯使用時
(1/6/11ch)
デュアルチャネル機能あり
IEEE 802.11規格b/g/a/n/ac
Bluetooth接続
同時接続可能台数WiFi:10台
Bluetooth:3台
USB:1台
USBポートmicroB-type×1
SIMカードスロットMicroサイズ×1
通信モードハイパフォーマンス
バランス
エコ

WX02はSIMロック解除不可なのでau系SIMを使用

WX02はSIMロック解除不可であり、今後も解除予定がありません。そのため、ドコモ系やソフトバンク系の格安SIMを挿しても使えません。

Q.【WX02】SIMロック(キャリアロック)はかかっていますか?
A.SIMロックがかかっています。SIMロック解除の予定はございません。(2017/09/15)

UQコミュニケーションズ

au系格安SIMでもVoLTE対応SIMは使えない

ただし、WX02はVoLTE非対応端末なので、VoLTE対応SIMを挿しても動作しません。

LTE回線も使えない

格安SIMを使いますが、LTEの電波はキャッチしません。通信回線はWiMAX 2+のみです。そのため、WiMAX 2+の電波が届かないエリア、たとえば郊外や山間部に行くと圏外となります。

使うデータSIMはmineo(マイネオ)がベスト

使うデータSIMは、mineoがベストです。その理由は、VoLTE非対応SIMを提供しているから。以前は、UQモバイルもVoLTE非対応のSIMを出していましたが、2019年10月1日から取り扱わなくなりました。そのため、mineoを使います。(というか、これが唯一使えるSIMです。ほかに選択肢がない)

データSIMサイズはMicroを選ぶ

mineoはドコモやソフトバンクのSIMもありますが、WX02に使うのは、auプラン(Aプラン)のシングルタイプ(データSIM)です。 サイズはmicroSIM(VoLTE非対応)を選びます。

データSIMの最低利用期間や契約解除料はありません。初期費用となる契約事務手数料は3000円、SIMカード発行手数料は440円です。

データ容量(シングルタイプ)月額
500MB700円
3GB900円
6GB1580円
10GB2520円
20GB3980円
30GB5900円

おすすめは900円の3GB。ほかのプロバイダが出しているデータSIM3GBと比べても、安いのではないかと思います。(参考:LINEモバイルは980円。UQモバイルも980円)

VoLTE非対応は黒SIMです。

WiMAXルーターWX02のAPN設定

WX02に格安SIMを挿して使う場合、ルーターにネットワークの接続先を設定(APN設定)する必要があります。以下が、その手順です。

WX02のAPN設定手順
  • モバイルルーターWX02に電源を入れていない状態でデータSIMを挿入
  • 電源を入れると、ルーターのモニター画面上に「圏外」や「利用停止中」と表示される
  • ルーターをPCやスマホとUSB/WiFi接続してhttp://192.168.179.1
  • ユーザー名とパスワードを入力。ユーザー名はadmin、パスワードは自分で決めたパスワード
  • パスワードが未設定ならパスワード設定画面が出てくる。仮にパスワードが分からない場合は、ルーターを「初期化」。初期化後、パスワード設定画面が出てくる
  • ログインはルーターの画面が消えているときにする
  • ログイン後、「ネットワーク設定 > プロファイル設定」で「プロファイルリスト」の「no setup」を選択して、以下の内容を入力
mineo
プロファイル名(任意)mineo
APN(接続先情報)mineo.jp
ユーザ名mineo@k-opti.com
パスワードmineo
認証タイプCHAP
IPタイプIPv4
  • 入力後、「設定」し「保存」する
  • 保存後、「ネットワーク設定 > 接続設定」で、プロファイルが[mineo]になっていることを確認
  • WX02のモニター画面で「圏外」から「信号が立っている状態」に変わっていることを確認。「利用停止中」の表示であれば、WX02ルーターの「機能設定メンテナンス」ー「APN」で、上記の[プロファイル名(任意)]で設定した入力名を選択

WEB設定メニューを使うと、さらに5GHz設定やデュアルチャネル機能、オートチャネルセレクト機能など、より細かい設定が可能になります。

WX02にmineoを挿して速度チェック

WX02にデータSIM(VoLTE非対応SIM、microサイズ)を挿して室内で速度測定してみました。WX02の設定は、5GHz、11ac使用、通信モードはハイパフォーマンスです。

計測日が少し古いですが、参考にしてください。

計測日:2019年12月26日 計測ソフト:Ookla

端末下り速度
(Mbps)
上り速度
(Mbps)
ping(ms)Jitter(ms)
PC(16時15分)24.884.3455
iPhone5s(16時17分)38.87.05398.2
HUAWEI P20 lite(16時22分)18.19.05437
iPhone7(16時24分)37.25.27545

十分過ぎるほどの下り速度が出ています。

18時台の計測結果です。

端末下り速度
(Mbps)
上り速度
(Mbps)
ping(ms)Jitter(ms)
PC(18時06分)4.186.64122
PC(18時07分)3.496.6487

外での計測結果です。外で計測するときは、WiFi帯域を2.5GHzに戻します。ルーターの設定は、2.5GHz、オートセレクトチャネル機能ON、デュアルチャネル機能ON、通信モードはハイパフォーマンスです。

端末下り速度
(Mbps)
上り速度
(Mbps)
ping(ms)Jitter(ms)
iPhone5s(18時19分)6.534.838412
iPhone7(18時21分)3.555.439432
HUAWEI P20 lite(18時23分)4.809.00778

ピークタイムでも3~6Mbps出ており、中~高画質動画視聴も可能です。

iPhone7で18時40分頃に視聴したAbemaTV映像(高画質設定)です。

WX02の使いみち

WX02は、格安SIMと組み合わせると、いろいろと使いみちがあります。

たとえば、車載用Wi-Fiとして使えば、スマホのデータ容量を消費しないで、車内で音楽を聞いたり、ラジオを聞いたり、ナビに使ったりすることが可能です。

mineoは「フリータンク」というサービスを使ってデータ容量を補充できるので、データ容量が少なくなってきても安心です。

アプリでデータを消費しない「節約モード」に設定することも可能。これを使えば、多分、毎月余裕で容量が余ると思います。

mineo
SIM申し込み時の覚え書き
  • 「SIMカードのみ」を選択
  • Aプラン
  • シングルタイプ(データSIMのこと)
  • 容量選択(500MB~30GB)、3GBがグッドチョイス
  • サイズと種類:microSIM(VoLTE非対応)
公式サイトはこちら

WXシリーズの再利用

NECのWXシリーズであれば、同じ手順で再利用することができるので、楽天やアマゾン、メルカリなどで購入してください。

WX05やWX04

WX05やWX04の場合、mineoで購入するSIMを「au VoLTE対応SIM(nano/microサイズ対応)」に変更します。

WX03

WX03ではWX02と同じSIM「MicroSIM(VoLTE非対応)」を選びます。または「nanoSIM(VoLTE非対応)」を選んで、「SIM変換アダプタ」を使って運用してください。

関連ページ