《最新iPhoneを値下げ》楽天モバイル

無料で使えるdocomo系SIMはある?

楽天モバイルは1GB未満、povoはデータトッピングしなければ無料で利用可能です。

いまは申込ができなくなったLINEモバイルのdocomo系SIMもデータ通信量が500MB以下であれば0円で運用できました。しかし、4月からはdocomo系とau系は月額がかかるようになり、ソフトバンク系だけが500MB以下なら無料で使えます。



0円運用が可能なdocomo系SIM

残念ながら、2022年5月3日時点では0円運用できるdocomo系SIMは見つかりませんでした。以下は少額運用が可能な料金プランです。

HIS
モバイル
IIJmioロケット
モバイル
Links
Mate
イオン
モバイル
OCN
モバイルONE
SIM形態音声SIMeSIMデータSIMデータSIMデータSIM音声SIM
月額290円※440円328円165円525円550円
容量100MB2GB無制限
200kbps
100MB1GB500MB
契約事務手数料3,300円3,300円3,740円0円3,300円3,300円
SIM準備料0円433.4円0円0円433.4円
解約手数料0円0円0円3,300円0円0円
公式サイトHIS
モバイル
IIJmioロケット
モバイル
Links
Mate
イオン
モバイル
OCN
モバイルONE
※1GB550円の料金プラン。100MB未満の月は290円になる。

0円運用ができるdocomo系SIMはなく、強いてあげるなら、100MBを月額165円で使えるLinksMateでしょうか。

OCNモバイルONEは「ドコモのエコノミーMVNO」のため、支払いにdポイントを1ポイント1円で充当できます。dポイントは貯まるけど使い道に困っているという人なら0円運用ないしは少額運用が可能でしょう。

0円運用が可能なau系SIM

au系SIMで0円運用が可能なのはpovoです。初期費用0円、解約料0円、MNP転出料0円です。

povoはデータトッピングや通話トッピングなど、ユーザーが自分のスタイルに合わせて必要なオプションを付加します。もし不用ならトッピングしなくても128kbpsでデータ通信が可能です。

普段はWi-Fi接続、モバイルデータ通信はいざという時だけという場合に使えそうです。24時間高速通信が無制限のデータトッピングがあり、1回330円で利用可能です。

0円運用が可能なソフトバンク系SIM

LINEモバイルのソフトバンク系SIMは、データ通信量が500MB以下に限り、該当月の月額が無料になります。ただし、いまは申込不可です。

0円運用が可能な楽天モバイル

楽天モバイルは0円運用が可能です。povoと同じく、初期費用0円、解約料0円、MNP転出料0円なので、コストがかかりません。

povoとの違いは、1か月のデータ通信量が1GB未満であれば、0円で高速通信ができること。1GBを超えると最低1,078円の月額がかかります。

まとめ

これまで、ドコモiPhone5sにLINEモバイルのdocomo系SIMを挿して0円で利用していましたが、2022年4月からできなくなってしまったので、代わりとなるものを探していました。結果は、残念ながら代用品を見つけられませんでした。

いまは、SIMフリーのスマホにpovoや楽天モバイルを挿して0円運用することを思案中です。

コメント欄