固定回線なのにZOOM画質・音質が悪い!楽天UN-LIMITでストレスフリーの環境に

ZOOMでミーティングする機会が増えてきました。わたしもお世話になっています。便利でいいのですが、問題もあります。それは画質・音質の悪い人とミーティングするとき。

仮にAさんとします。Aさんはケーブルテレビの固定回線を使っているようなのですが、画質も音質もかなり悪い。スマホでテザリングして参加しているときのほうがスムーズ。ただ、それだとスマホのデータ容量が気になるところ。

Aさんのような方は少なくないのでは?そのような人におすすめなのが楽天UN-LIMITの活用。結論から言うと、ストレスフリーでZOOMを使えます。



楽天UN-LIMITがおすすめな理由

  • 楽天回線(BAND3)をつかめば、データ容量が無制限になる
  • 初期費用3300円(税込)かかるが、1年間月額料無料
  • 初期費用も楽天ポイントで還元される

楽天回線(BAND3)はデータ容量無制限

楽天モバイルは楽天回線(BAND3)とパートナー回線のau回線(BAND18)が使えます。ただ、BAND18は毎月5GBしか高速通信ができません。5GBを使い切ると1Mbpsの速度制限を受けます。一方、BAND3は高速通信が月間無制限※。ほぼ固定回線と同じ感覚で利用することができます。

※1日に10GB以上利用すると、最大約3Mbpsの速度制限あり。翌日には解除。

コメント

毎週ZOOMで約1~2時間ほどのミーティングをしています。周りの反応を聞くと、発言時の画質・音声ともに良く、動画を配信しても見やすいようです。

1年間月額無料・ポイント還元もあり

本来3278円(税込)かかる月額料が1年間無料。また契約事務手数料3300円(税込)もポイントで後ほど還元されます。実質0円でデータ容量無制限生活を始めることができます。

楽天回線(BAND3)エリアの確認

現在、楽天回線(BAND3)を利用できるのは一部のエリアのみですが、もしエリア内であるなら、楽天UN-LIMITを選択肢に入れてください。

自分が住んでいる場所が楽天回線エリア内か確認する

格安スマホを楽天UN-LIMITルーター用として調達

楽天UN-LIMITルーター用として格安スマホを調達します。

UN-LIMITを申し込むと同時に楽天モバイル版スマホを購入する方法が一番スマートですが、7月15日水曜日までなら、約6000円ほどのコストで新品のSIMフリー版スマホを購入できるOCNモバイルONEもおすすめです。

購入するスマホの条件は?

BAND3に対応しているスマホであること。

楽天モバイル版、SIMフリー版、もしくはSIMロック解除済みのスマホであること。

アウトドアでも利用することを考慮に入れて、バッテリー容量は最低でも3000mAhはあること。4000mAhないしは5000mAhあれば言うことなし。

楽天モバイルサイトで購入する

楽天モバイルサイトで購入すると、最初に実費でお金を支払う必要がありますが、端末によってはポイント還元を受けることができ、実質より安くスマホを手に入れることが可能です。貯まっている楽天ポイントを利用すれば、さらに安く手に入れることができます。

7月15日(水)から8月5(水)までキャンペーン

24,040円(税込)のOPPO A5 2020と、27,980円(税込)のAQUOS sense3 liteを購入すると、それぞれ22000ポイントの還元を受けられます。※

※7月15日から価格改定。

OPPO A5 2020が実質2,040円、AQUOS sense3 liteが実質5,980円で購入できます。条件をクリアした月の翌々月末日までにポイント還元されます。

OPPO A5 2020のバッテリーは5000mAh、AQUOS sense3 liteのバッテリーは4000mAh。ルーター用として、両方とも問題なく使えます。

わたしが所有しているAQUOS sense3 liteは、連続テザリングしても約2日は持ちます。そのため、5000mAhのOPPO A5 2020も同程度かそれ以上の持ちがあるでしょう。

どちらを購入するかですが、コスト面を考えて、OPPO A5 2020をおすすめします。SIMスロットが2つあり、同時待ち受けができるDSDV対応になっているのも魅力です。

OCNモバイルONEで購入する

OCNモバイルONEでは、7月15日まで1円スマホがあります。ルーター用としておすすめはOPPO A5 2020。楽天モバイルでも購入できる端末で、動作保証の確認が取れています。

初期費用は、税込で契約事務手数料3300円とSIM手配料433円、合計3733円。

利用開始月は月額料なし。ただし利用開始月に解約すると月額料が発生します。そのため、最低でも1回は月額を支払う必要あり。最低データ容量1GBの月額料は1298円(税込)。また音声SIMを半年以内に解約すると1000円(非課税)の解約料がかかるので、1,2ヶ月目にSIMを解約した場合、初期費用と合わせて合計6031円となります。

コメント

6000円を高いと見るか安いと見るかですが、新品スマホをこの金額で手に入れることはなかなかできません。中古店でも6000円なら、大きなキズがあるようなかなりランクの低いスマホしか購入できないでしょう。

OCNモバイルONE

楽天UN-LIMITのAPN設定方法

ルーター端末にするスマホが決まれば、楽天UN-LIMITを申し込みましょう。

SIMが届いたらAPN設定です。各端末で「APN名」もしくは「アクセスポイント名」を確認し、自動で「楽天(rakuten.jp)」が設定されていなければ、手動設定します。

設定するのは「名前」と「APN」の2つのみ。

名前Rakuten(任意)
APNrakuten.jp

もしネットワークにつながらなければ、以下の設定も確認。

MCC440
MNC11
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6

テザリングで楽天UN-LIMITルーターに

スマホのテザリング機能を使って、楽天UN-LIIMITルーターにしてください。

楽天回線(BAND3)の確認方法

楽天モバイルUN-LIMITが楽天回線(BAND3)をつかんでいることを確認する方法を、ふたつほど紹介します。

my楽天モバイルで調べる

「my楽天モバイル」アプリで調べる方法です。楽天回線とつながっていると次のように表示されます。「楽天回線エリア」と表示されていれば問題ありません。※

※ただし、この表示はなくなった模様です。(2020/07/13現在)

Network Cell Info – Mobile & WiFi Signalで調べる

Network Cell Info – Mobile & WiFi Signal」アプリ(Android版)を使えば、LTE回線がどのBANDを掴んでいるかがわかります。

BAND18からBAND3に戻す方法

楽天回線(BAND3)の電波が弱いとき、自動でau回線(BAND18)につながります。楽天回線の電波が強いところに移動すればBAND3に戻りますが、戻らないこともよくあります。

BAND3がつながる場所にずっと置いていても、知らない間にBAND3→BAND18 になっていることもあります。

対処法として、わたしがしているのは「機内モード」のON/OFF。これでたいてい回復します。ほとんどの場合、1回ON/OFFすればBAND3に戻ります。1回で戻らないときでも何回か繰り返すと切り替わるので、BNAD18→BAND3に戻したいときは、いちど試してみてください。

今なら楽天モバイルUN-LIMITは1年間無料

今なら楽天モバイルUN-LIMITが1年間無料。つまり、データ容量無制限ルーターが1年間タダで使い放題という、普通ではありえなことが。楽天回線(BAND3)が入るところに住んでいるなら、使わない手はないと思いますよ。

楽天ポイントをもらえるチャンスあり

楽天モバイルは、3000+3300(終了未定)のポイントキャンペーンをしています。条件は、「Rakuten Link」アプリの初期設定(アクティベーション)をすること。SMS認証ができればOK。

これに加えて、楽天モバイル申込時にID入力すれば、さらに追加で2000ポイントをゲットできるチャンスあり。(メモ帳などにコピーしてください。)

yeBptsdHLJBd

楽天モバイル申込最後の「申し込み内容の確認」ページ右下にID入力欄があります。

ID入力手順
  • [楽天モバイルIDを入力]をON
  • ID入力
  • [適用する]をタップもしくはクリック

OPPO A5 2020などのスマホを楽天UN-LIMITルーターにして、快適なZOOM環境を整えてください。

OCNモバイルONE

コメント