《最新iPhoneを値下げ》楽天モバイル

通話は楽天モバイル・通信はMVNOの合わせ技でスマホ料金が安くなる

楽天モバイルはどれだけ使っても月額3,278円とかなり安いのですが、楽天回線がつながらなければ、あまり意味がありません。パートナー回線のau回線は高速通信が上限5GBまで、それを超えると最大1Gbpsの速度制限があります。

楽天回線につながりにくいなら、楽天モバイルを通話専用とし、格安SIMで通信しましょう。20GBくらいまでなら楽天モバイル1枚よりも安く運用できます。



楽天モバイルと格安SIMの合わせ技料金

楽天モバイル1枚だけの場合と楽天モバイル+格安SIMを合わせた場合の料金比較です。

3GB・20GBともに、楽天モバイル1枚で運用するより、格安SIMと合わせて運用するほうが安くなっています

とくに、3GB以上20GB未満のとき、楽天モバイルは必ず月額が2,178円となりますが、いつでも20GBちかくの通信量ではないでしょう。つまり、無駄な支払いが発生しています。

多くの場合、毎月の通信量はデータ容量10GBまでに収まっているといわれています。格安SIMを使うと、毎月の容量を細かく設定できますし、余った容量は翌月末まで利用可能です。また、毎月データ容量の設定を変更できるので、余りすぎた場合は翌月の容量を少なくする、つまり月額を減らせます。

これが、楽天モバイル1枚を運用するよりもよい点です。

容量電話通信金額
~1GB 楽天モバイル0
1GBイオンモバイルタイプ2
OCNモバイルONE(音声)
528
770
2GBイオンモバイルタイプ2748
3GBOCNモバイルONE
OCNモバイルOEN(音声)
858
990
3GB楽天モバイル1078
4GBイオンモバイルタイプ2968
5GBイオンモバイルタイプ21078
6GBOCNモバイルONE
イオンモバイルタイプ2
OCNモバイルONE(音声)
1188
1188
1320
7GBイオンモバイルタイプ21298
8GBイオンモバイルタイプ21408
9GBイオンモバイルタイプ21518
10GBOCNモバイルONE
イオンモバイルタイプ2
OCNモバイルONE(音声)
1628
1628
1760
12GBイオンモバイルタイプ21738
14GBイオンモバイルタイプ21848
20GBイオンモバイルタイプ21958
20GB楽天モバイル2178

格安SIMはOCNモバイルONEかイオンモバイルを選ぶ

楽天モバイルと合わせる格安SIMは、OCNモバイルONEもしくはイオンモバイルをおすすめします。

速度が安定

格安SIMのなかでも速度が安定しているのがOCNモバイルONEです。ドコモ回線を利用していて、ピークタイムでも目立った速度低下がありません。

イオンモバイルはデータ通信専用SIM(タイプ2)をOCNモバイルから回線を供給してもらっており、同程度の回線品質を保っています。

毎月の利用量に対応できる

毎月、データ利用量は違います。多いときもあれば少ないときもあります。

イオンモバイルは1GBから10GBまでは1GBきざみで容量を設定できるのが強みで、20GBまで設定可能です。データ通信量を見て、翌月の容量を細かく調整できます。

OCNモバイルONEは3GB、6GB、10GBの3種類ですが、音声通話SIMも使えば1GBも設定可能です。

楽天モバイルは3GB以上使うと、4GBしか使わなかったとしても、必ず2,178円の月額料がかかり、その差額は1,000円近くになります。かなりもったいない使い方をしていると思います。

余った容量は翌月に繰り越せる

OCNモバイルONEもイオンモバイルも余ったデータ容量を翌月末まで繰り越せます。ですから、思う以上に余裕をもってネットができるはずです。

楽天モバイルは繰り越しができないので、この点でも格安SIMと合わせて運用するほうがメリットが大きいでしょう。

SIMが2枚使えるスマホを用意する

通話は楽天モバイル、データ通信は格安SIMにするには、SIMが2枚使えるスマートフォンが必要です。それで、SIMスロットが2つ、またはSIMスロット1つ+eSIMのスマホを用意してください。

iPhoneなら、iPhone XR・XS以上を持っていれば、eSIMに対応しています。

もしないなら、楽天モバイルまたはOCNモバイルONEで購入するとオトクです。

スマホを楽天モバイルで購入する

楽天モバイルでスマホを購入するなら、楽天ポイントの還元や値引きを受けられます。時期によって変わりますが、20,000円前後です。

楽天モバイルのSIMは、物理カードとeSIMの2種類から選べます。

スマホをOCNモバイルONEで購入する

OCNモバイルONEでもスマホを販売しています。キャンペーンの時期を狙えば、かなりの低価格でiPhoneやAndroidスマホが手に入ります。

OCNモバイルONEのSIMは、物理カードしかありません。

イオンモバイルはタイプ2を選ぶ

イオンモバイルのSIMは2タイプあります。ドコモ回線とau回線を選択できるタイプ1、ドコモ回線のデータ通信専用SIMのタイプ2です。

OCNモバイルONEが提供しているのはタイプ2です。それで、イオンモバイルのSIMを使うときはタイプ2を選んでください。

イオンモバイルも物理SIMだけ提供しています。

SIMスロット数によってSIM形態を決める

SIMスロットが2つあるスマホであれば、楽天モバイルもOCNモバイルONE(またはイオンモバイル)も物理SIMを購入します。

iPhoneのように、SIMスロット1+eSIMであれば、楽天モバイルをeSIMにしてください。

SIMスロット1+eSIMのスマホ

楽天モバイルをeSIMで契約する

楽天モバイルを通話用に

ここまできたら、通信は格安SIMにまかせ、楽天モバイルを通話専用にできます。

楽天モバイルは、Rakuten Linkアプリを使うと国内通話が0円です。通話に使われるデータ通信量はノーカウントになるので、容量は消費されません。そのため、楽天モバイルを通話専用にすると、1GB未満の月額0円で運用可能です。

まとめ

楽天モバイルと格安SIMを組み合わせると、楽天モバイルを通話専用にでき、毎月かかるコストを抑えられます。OCNモバイルONEイオンモバイルのデータ通信専用SIMは安価で、速度が安定しています。

eSIMのあるiPhoneやSIMスロットを2つ有しているスマホを持っているなら、ぜひ一度検討してみてください。

コメント欄